2010年05月21日

円生襲名、円窓も名乗り 円丈、鳳楽と三つどもえ(産経新聞)

 昭和54年に79歳で死去した古典落語の名人、三遊亭円生(六代目)の名跡襲名をめぐって、弟子や孫弟子が名乗りを上げていた問題で、新たに直弟子の三遊亭円窓(えんそう)(69)が襲名の意志を示していることが17日、分かった。

                   ◇

 円窓が所属する落語協会(鈴々舎馬風会長)によると、円窓は10日ほど前に協会に襲名に前向きな態度を口頭で報告。17日に開かれた定例理事会で自ら経緯を説明し、第三者から襲名を促されて六代目円生の遺族との話し合いを行っていることを明らかにした。

 「円生」は落語界でも由緒ある名跡の代表格。六代目円生の死後、長く空席になっていたが、最近になって弟子の三遊亭円丈(えんじょう)(65)と、弟子の五代目円楽の弟子で孫弟子に当たる三遊亭鳳楽(ほうらく)(63)が名乗りを上げた。今年3月には“直接対決”による落語会が開かれ話題を呼んだが、「結論」は出ていない。

 新たに手を挙げた円窓は円丈の兄弟子に当たり、総領弟子だった五代目円楽亡き後は最も入門が古い。古典落語から創作落語まで幅広く手がけ、テレビ番組の「笑点」にも長くレギュラーとして出演した。円窓は産経新聞の取材に「調整中です。時期がきたらお話しできると思う」とコメント。落語協会では「一門と遺族との問題」と静観しているが、「そう遠からずに(円窓の襲名で)正式発表を行う可能性がある」とする。

 一方、協会の監事でもある円丈は「私も協会の幹部の一人だが、こうなったら成り行きを見守るしかない」と話している。

難病 2歳男児が手術37回、誕生日に元気に退院…長野(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定>「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ(毎日新聞)
月内の訪米検討=普天間、国防長官と詰め−防衛相(時事通信)
<転落>東京・狛江の市立中で女子生徒重体 飛び降りか(毎日新聞)
<将棋>力戦模様の展開に 名人戦第4局(毎日新聞)
posted by トバ ミキオ at 13:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。